なぞり書きについて

浦和・武蔵浦和・大宮【のざお書道教室】の野竿です。

今回はなぞり書きの効果についてお話ししたいと思います。まず、当教室ではなぞり書きを推奨しております。なぞり書きは、中国では基本となり、正式名称を「摹書」と申します。日本では、お習字に対して表現を重んじたことから、なぞり書きは悪だという風潮がありますが、まったくもってそんなことはなく、基礎を叩き込むことが可能な手法です。特に幼少期にこれを行うと効果がえられます。もちろん大人でも大丈夫です。

書写教育の目的は、日本語を速く綺麗に書けるようする、というものです。摹書でベースを作り今度はお手本見て書くの繰り返しでベースが出来てきます。

有効的な方法としては、同じ太さで書く努力をす。細いとこもはみ出さずにすべて真似する。これが意外と難しいんですが、一度試してみてください!

みなさん、なぞったものをコンクールなどに出さないようにして下さいね!



ー教室のご案内ー

【教室について】

幼児コース
・小学生コース
・中学生コース
・高校生コース
・一般コース


【講師紹介】

・野竿進悟/shingo nozao
・䕃山健一郎/kenichiro kageyama


【お問い合わせ】

・[無料体験教室の申し込み]


【スケジュール】

・通常授業


【アクセス】

武蔵浦和本部教室
浦和駅前教室
土呂ステラタウン前教室


【動画配信(youtube)】

[のざお書道教室オフィシャルYoutubeチャンネル]


【過去のブログ】

・浦和・武蔵浦和・大宮(土呂)|のざお書道教室ブログ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次の記事

    王義之って、なぜ凄い