埼玉県書き初めについて

浦和・武蔵浦和・大宮で開校している【のざお書道教室】の野竿です。

埼玉県では毎年、学校で書き初めが行われます。新型コロナウィルスの影響で今年は早めに道具の販売が行われているようです。

埼玉県公立小学校3年生以上~高校までの方は全員この書き初めに参加します。学校の授業内で行われます。また、競書会というものがあり、全員が同じ日、一斉に書き初め作品を書き上げ、その場で書き終えたものを提出し、選別されます。

その中から1クラス3点ほど優秀な作品を選別し、金賞を選びます。全クラスの金賞の中から、代表作品を選び中央展(県展)の審査にかけてもらいます。そこで選ばれた作品は県の展覧会に出品、落ちた作品は市の展覧会に出品されます。県展の出品者数は、学年ごとに出るわけではなく、学校全体から何点という形になります。学校によっては県展出品者が出ない場合もございます。市展作品は、学校内で決めた審査により学年ごとに3点から5点が出品されます。(最近は、放課後練習がなくなっている学校が増えています。)

色々と複雑なことをかきましたが、ようするに、たくさん書かないと金賞には選ばれないということです。。

頑張るか、頑張らないかは自分次第。

毎年申し上げておりますが、無理強いをする気はございません。頑張るのであればサポートします。